海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 現代自動車がUber航空ライドシェア用「空飛ぶ車」を大量生産へ

Tech

現代自動車がUber航空ライドシェア用「空飛ぶ車」を大量生産へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国の現代自動車は、米ライドシェア大手Uberと提携し、Uberが2023年に提供開始を予定している航空ライドシェア向けの「空飛ぶ車」を大量生産すると発表した。

米国で開催中のCESで、電動垂直離着陸機(eVTOL)のコンセプト「S-A1」や、空飛ぶ車が離発着するハブのデザインを公開した。

・最高速度は時速290キロ

4つのローターを搭載するS-A1はヘリのように垂直に離発着できる4人乗りのモビリティ。滑走路を必要としないので街中での乗降が可能だ。

S-A1の機能はUberがこれまで温めてきたコンセプトとほぼ同じで、高度300〜600メートルの低空を飛行し、最高速度は時速290キロ。航続距離は100キロだ。

初期段階ではパイロットが乗り込むが、最終的には無人自動飛行を目指す。

・コスト抑制を期待

現代自動車はS-A1の大量生産に自信をみせていて、実現すればUberはコストやサービス価格の抑制を図ることができそうだ。

Uberの航空ライドシェアは2023年にオーストラリア・メルボルンなど複数の都市での提供を計画し、すでに試験飛行も実施している。

ただ、空飛ぶタクシーはAudiや航空大手Airbus、航空スタートアップVolocopter、Liliumなども開発を進めていて、今後商業化へ向けて競争はさらに激しさを増しそうだ。

現代自動車

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報