海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 二足歩行ロボット「Digit」販売開始、最初の2体はFordが購入

Start Up

二足歩行ロボット「Digit」販売開始、最初の2体はFordが購入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロボット開発の米スタートアップAgility Roboticsは、二足歩行するロボットDigitの販売を開始した、と発表した。

最初の2体は自動車メーカーのFordが購入する。両社はこれまで共同開発を重ねていて、ラストマイル配達でのDigit活用を引き続き模索する。

・増加する配達の切り札に?

Digitは人型ロボットで、二足歩行し、両手で物を持つことが可能だ。障害物を回避したり、階段をのぼったりも難なくこなす。

この高度なロボットをFordは荷物配達に活用することを描いている。具体的には、同社が開発する無人自動運転車にDigitを乗せ、道路脇から住宅の玄関までのラストマイル配達をDigitに任せるというものだ。

オンラインショッピングの浸透で配達は増える一方だが、そうした需要に応え、業務効率化を提供する狙い。Agility Robotics によると、Digitは最大18キロの荷物を持つことができ、大方の配達に対応できそうだ。

・まずは6体生産

Digitの販売を開始したといっても、現段階では生産規模は小さく、まずは6体のみを生産・販売する。そして2020年全体では20〜30体にとどまる見通しだ。

ただ、オレゴン州立大学スピンオフのAgility Roboticsは配達だけでなくロジスティックセンターや倉庫などでもDigitを活用できるとしていて、今後用途の広さをアピールしていく方針だ。

Agility Robotics

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報