海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ソニー、CES2020にて自動運転車の試作車を展示!

Tech

ソニー、CES2020にて自動運転車の試作車を展示!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国ラスベガスで開催中のCES2020にて、ソニーは、モビリティにおける安心・安全に加え、快適さやエンタテインメントなども追求する取り組み「VISION-S」の試作車を展示した。

安心・安全・エンターテイメント

同試作車は、ソニーのイメージング・センシング技術をはじめ、AIや通信、クラウド技術を活用した車載ソフトウェアの制御により、機能が継続的にアップデートされ進化し続けるという。

ソニーの車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなど数種類のセンサーを合計33個配置したことで、車内外の人や物を検知・認識し、高度な運転支援を実現する。

また、立体的な音場を実現し、豊かな臨場感で楽しめる音楽再生テクノロジー「360 Reality Audio」を、各シートに内蔵されたスピーカーで提供。さらに、フロントシート前方に搭載されたパノラミックスクリーンは直感的操作を可能にし、エンタテインメントコンテンツを楽しめるようだ。

モビリティにおける技術の進化

同社のイメージング・センシング技術の進化は、自動車の周囲360度を検知や危険回避行動の早期支援など、車の安全性を高めるコンセプト「Safety Cocoon(セーフティコクーン)」実現を支え、安心・安全で快適な移動体験の実現に貢献している。

たとえば、高感度、高精細、広ダイナミックレンジとLEDフリッカー(LED信号機などの撮影時におこるちらつき)抑制を両立するCMOSイメージセンサーは対象物の正確な認識を可能にし、センシングデバイスの特長を融合させたセンサーフュージョンにより、霧・逆光・夜間の雨などの環境下でも早期の正確な物体認識ができる。

ほかにも、ジェスチャーコントロールの直感的な操作などを可能にするTime of Flight (ToF)センシングソリューションや立体空間を3Dで正確に把握するソリッドステート式LiDARなど、同社のテクノロジーの進化は、我々の移動体験をより安全なものへと導いていくようだ。

SONY
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報