海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up トヨタ、CES2020にて実証都市「コネクティッド・シティ」構想を発表!

Start Up

トヨタ、CES2020にて実証都市「コネクティッド・シティ」構想を発表!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車株式会社は、米国ラスベガスで開催中のCES2020において、あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表した。

最先端を生み出す街

本プロジェクトは、自動運転、MaaS、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、AI技術などの実証実験を、人々が生活するリアルな環境で行い、技術やサービスの開発と実証のサイクルを早め、新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることを目的としたものである。

同都市は、3つに分類された道が網の目のように織り込まれた街となる予定で、その街の姿から「Woven City」(ウーブン・シティ)と名付けられた。2020年末に閉鎖予定のトヨタ東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を利用し、将来的に175エーカー(約70.8万m2)の範囲に街を創ることを目指し、2021年初頭に着工する予定だ。完成した街にはまず、トヨタの従業員やプロジェクトの関係者など2000名程度の住民が暮らすことを想定している模様。

今後は、世界中のさまざまな企業や研究者などに対して、実証への参画を募っていくとのことだ。

よりスマートに、サステナビリティに

このたび「Woven City」の設計を担当するのは、デンマークの著名な建築家であるビャルケ・インゲルス氏。

「Woven City」に整備される道路は、「e-Palette」など、速度が早く、完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道と、スピードが遅いパーソナルモビリティと歩行者が共存する道、歩行者専用の道に分けられる。その道の地下には、燃料電池発電も含めた街のインフラが設置される予定だ。

また、街の建物は主にカーボンニュートラルな木材で作り、太陽光パネル設置など環境との調和やサステイナビリティを前提とした街づくりを行うとのこと。

そして、住民は室内用ロボットなどの新技術を検証したり、AIを活用して健康状態をチェックしたり、街に設置される公園や広場でコミュニティを形成したりと生活の質の向上が期待できる。

同社代表取締役社長 豊田章男氏は、ゼロから街を創ることを、将来技術の開発に向けて非常にユニークな機会だと捉え、「バーチャルとリアルの世界の両方でAIなどの将来技術を実証することで、街に住む人々、建物、車などモノとサービスが情報でつながることによるポテンシャルを最大化できると考えています。」とコメントした。

トヨタ自動車株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報