海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise マンガアプリ広告「Manga Ad Platform」に、「アテレコ広告」機能が追加

Enterprise

マンガアプリ広告「Manga Ad Platform」に、「アテレコ広告」機能が追加

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社小学館、株式会社集英社、Fringe81株式会社の3社は、良質なマンガ作品を数多く輩出している出版社のマンガアプリに広告を配信できる「Manga Ad Platform(MAP)」を共同運営している。

このたび、MAPが選んだ人気マンガ作品のマンガコマを使って、広告を配信できる広告メニュー「アテレコ広告」を、2020年1月6日から提供開始する。

・マンガアプリに広告配信できる「Manga Ad Platform」

「Manga Ad Platform(MAP)」では、CPC(クリック単価)入札による独自の運用型広告と、インプレッション保証型の予約型広告の2種類の広告商品を展開。

小学館の「マンガワン」、集英社の「少年ジャンプ+」の2つのマンガアプリに広告を配信できる。

良コンテンツが掲載される出版社のマンガアプリへ、一元管理された共同プラットフォームからの広告掲載とレポート作成が可能なこと、マンガコンテンツに沿った広告表現が可能なこと、アプリ内独自データを活用したターゲティングと柔軟なクリエイティブの差し替えが可能なことなど、広告プラットフォームとして、数々のアドバンテージをもっているのが特長だ。

・マンガ作品とマンガコマを選んでセリフを挿入するだけの簡単なフロー

今回スタートする新広告メニュー「アテレコ広告」は、小学館「マンガワン」、集英社マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」で掲載されている作品を、広告のクリエイティブに活用したインプレッション保証型の予約型広告。

マンガ作品とマンガコマを選んでセリフを挿入するだけの簡単なフローで、クリエイティブ審査まで進行可能で、より手軽にマンガコンテンツと親和性の高い広告クリエイティブを配信できる。

「マンガワン」、「少年ジャンプ+」の人気マンガ作品とタイアップし、作品選定から配信設定、セリフ挿入のクリエイティブ制作まで、MAP運営事務局と出版社が責任をもって請け負う。

・広告主がマンガアプリ広告を出向しやすく

「アテレコ広告」が開発された背景には、小学館や集英社が誇る人気マンガ作品を使ったこれまでの広告商品(人気作品とのタイアップや描き下ろし等)は、絶大な効果をもたらしている一方で、マンガ作品と商品の世界観を合わせるうえで、時間と費用がかかるケースも多かった。

「マンガを活用した広告をもっと手軽に実施したい」といった声を受け、より多くの広告主がマンガアプリ広告を活用しやすくなることを目指し、「アテレコ広告」の提供開始に至ったという。

マンガ作品を活用することで、「広告でもコンテンツとして受け入れられやすくなる」、「ユーザーの興味を引き立てやすくなる」、「記憶に残りやすくなる」といった広告効果が期待できる。

現在のところ、「アテレコ広告」に対応しているマンガ作品数は限られているが、今後「アテレコ広告」で使用可能な作品、コマは随時追加していく予定だ。

日本が誇る資産でもあるマンガ。マンガを効果的に広告活用する手法は、国内に留まらず、海外展開の際にも役立ってくれることだろう。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報