海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech セグウェイが座ってくつろぎながら移動できるモビリティ「S-Pod」発表!

Tech

セグウェイが座ってくつろぎながら移動できるモビリティ「S-Pod」発表!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
セルフバランスを取りながらの乗り物といえば、Segway(セグウェイ)の電動立ち乗り二輪車を思い浮かべる人は多いだろう。その同じ開発元から、新たなモビリティが発表された。

今度は座れるポッド状デザインの、その名も「S-Pod」。空港やテーマパーク、ショッピングセンターなどでの使用を想定している。

・マッサージチェアの外観

S-Podもオリジナルの立ち乗り二輪車と同様、場所から場所へと移動する個人向けモビリティツールだ。

Segwey-Ninebotが公開した写真をみると、大きめの2つの車輪の上にマッサージチェア的な椅子が乗っているデザイン。自律的にバランスを取る構造になっているという。

・最高速度は時速38.6キロ

元祖セグウェイと大きく異なるのが、ユーザーは体重移動で方向を操作する必要がないこと。代わりに、アクセルやブレーキ、進行方向転換などをポッドの中央にあるノブで操作する。

最高速度は時速38.6キロとなかなかの速さで、ルーフはないことから基本的には屋内での使用となりそうだ。現在のプロトタイプの航続距離は約70キロとのこと。

同社はまた、最高速度20キロで走行できる折りたたみ式電動キックスクーター「Air T15」も発表した。300ワットのモーターを搭載し、最高速度は約20キロ。傾斜15%の坂でもスピードを落とさず走行できるという。

いずれの製品の機能詳細や発売日、価格などについて、間もなく開幕するCES2020で発表するとしている。

Segway Press Release

(文・Mizoguchi)

 
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報