海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech オムロン、スクウェア・エニックス 「人のモチベーションを高めるAI」を共同研究

Tech

オムロン、スクウェア・エニックス 「人のモチベーションを高めるAI」を共同研究

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オムロン株式会社と株式会社スクウェア・エニックスは、人のモチベーションを高めるAIについて共同研究を開始。オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」を通じ、人のモチベーションを高めるフィードバックを行うAIアルゴリズムを開発し、AIが人に成長を促す技術の確立を目指す。

・2社の強みを生かした研究

オムロンとスクウェア・エニックスはそれぞれすでに、AIを用いた製品の開発や研究を進めてきていたが、今回の共同研究では、オムロンとスクウェア・エニックスの2社の強みを生かし研究が進められていく点が大きなポイント。

オムロンは、「人の感情と能力を読み取るセンシング技術」を強みに掲げており、一方でスクウェア・エニックスは、ゲームコンテンツを通じて開発してきた「プレイヤーごとにゲーム展開を変化させ、人の感情を揺さぶるAI技術」を強みとしている。

この2社の強みを組み合わせることで、「プレイヤーやユーザーの個性に合わせて、モチベーションを高める指導方法を考えるAI」の開発を進めていくという。

・今後に期待集まる卓球ロボット

今回の共同研究で使用される卓球ロボット「フォルフェウス」は、2013年に開発。最新機種である第5世代では、最先端のAIとロボティクスの技術を搭載しており、プロの選手とのラリーを行えるほどの高い技術を兼ね備えている。

共同研究ではこの「フォルフェウス」に、モチベーションを高める指導方法を考えるAIを搭載。「フォルフェウス」と人が卓球を通じてコミュニケーションをすることで、AIが人のパフォーマンスを最大限に引き出すことを目標としている。

研究を通じて、将来的にはユーザーやプレイヤーの習熟度に合わせたAIの適切な支援によるモチベーション向上などへの活用が期待できるとのことで、その技術が確立されればゲームだけでなく医療や教育など幅広い分野での使用が期待できるはず。「人と機械が融和する社会」に向け大きな一歩を踏み出す研究となることだろう。

オムロン
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報