海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Mobile スマートフォンがダイブコンピューター&水中カメラに変身するケース「DIVEROID」

Mobile

スマートフォンがダイブコンピューター&水中カメラに変身するケース「DIVEROID」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
日常で使うスマートフォンを、ダイブコンピュータ、水中カメラ、コンパス、ダイビングログブックなどに変えてしまう防水ケースが「DIVEROID」だ。

内蔵センサーが感知した水温、水深などが絶えずスマホ画面に表示されるほか、写真撮影時には水中用の色調補正もできる。

ダイビング中のデータはすべて保存されるので、そのまま写真付きログブックにもなる。

・専用アプリがダイブコンピューターに

「DIVEROID」の使い方は簡単。専用アプリをダウンロードしたスマホを、きちんとセットして蓋を閉めるだけ。市販のほとんどのスマホに合うように設計されている。

ダウンロードしたアプリは、主にダイブコンピューターとして働き、水深や水温を表示するほか、潜水中に安全停止や減圧停止、ディープストップなどが必要になると、画面に警告を発してくれる。また、ダイビング用コンパス機能も備わっている。

・水中カメラとしてスマホをフル活用

「DIVEROID」のもうひとつの特長は、外側に付いている3つのボタンを操作して、スマホのカメラを使えること。

ズームやワイドモード、自撮りモードなどでも撮影可能だ。ウルトラワイドや4K動画撮影も(スマホにその機能があれば)できるようになっている。

水中で普通に写真を撮ると全体が青っぽく写ってしまうが、「DIVEROID」には、電子的にそれを補正する機能があるので、誰でも美しい色の写真が撮れる。

・写真付きログブックを即座にシェア


DIVEROIDアプリは、ダイバーの潜水開始から終了までのすべてのデータを記録しているので、面倒なログブックを後から書く必要はない。また、データーと写真が連携しているので、撮影時の水深などをすぐチェックできるのも便利。

このDIVEROIDは、現在クラウドファンディングサイト「Indigogo」で予約販売中。商品の発送は2020年3月になる予定。

DIVEROID/Indigogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報