海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification Tesla(テスラ)社が、ワイパーに代わるレーザービームの特許を申請中

‎Notification

Tesla(テスラ)社が、ワイパーに代わるレーザービームの特許を申請中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
テスラ社は、自動車のフロントガラスにこびりついた泥や塵の固まりをレーザー光で除去する、ハイテク・ワイパーともいえる技術を特許出願した。

出願があったのは今年の5月だが、11月22日に米国特許商標庁から詳細がリリースされ、その内容が明らかになった。

・汚れをレーザーパルスで焼いて除去

出願書類の冒頭にはこう書かれている。
この自動車用クリーニングシステムは次のものから成る。それは、自動車のガラス部分の一定の範囲にレーザービームを照射するビーム光学(beam optics)装置、その一定範囲に蓄積された汚れを検出する回路、及びそれらをコントロール回路である。

検出回路がガラス面上の汚れを感知すると、そこに向けて光学装置からレーザーが発射され、汚れを除去するという説明が後に続く。

レーザーは断続的に照射されるパルスレーザーが用いられる。パルスの間隔をコントロールすることでエネルギーを抑制し、ガラス面を傷つけないようにしているとのことだ。

自動運転車のカメラレンズもきれいに

出願書類には、このシステムの効用についても言及されている。例えば、従来のワイパーでは限られた範囲の汚れしか落とせなかったが、レーザーを使えば、フロントガラス全面をきれいにできるという。

また、水と洗浄液で洗った場合、乾くまでに「非生産的な時間」を費やさなければならないが、レーザーならその必要がない、とも書かれている。

フロントガラス以外の部分にも、テスラ社はこの技術を利用していくらしい。例えば、自動運転車は複数のカメラで車の周囲の状況を捉えるが、レーザーを使ってそれらのレンズを常にクリーンに保っておける。センサーの表面も同様に、レーザーで掃除することができる。

さらには、発電用ソーラーパネルと屋根用タイルが一体化した「ソーラルーフ」にも応用できる。ソーラーパネルにワイパーをつけるわけにはいかないが、レーザーで表面の汚れを取り去れば、発電効率を低下させないで済むという。

米国特許商標庁 Patent Application Publication
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報