海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up ストレスフリーな次世代カード「Kyash Card」、2020年初頭提供開始

Start Up

ストレスフリーな次世代カード「Kyash Card」、2020年初頭提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
人々の価値観や想いが自由に届けられる「新しいお金の文化」の創造を目指す株式会社Kyashは、「価値移動」のサービス・インフラを開発・提供する企業だ。同社は、2020年初頭に進化した次世代のカード「Kyash Card」の提供を開始する。

リアルタイム性と柔軟性

「Kyash Card」は、スマホアプリとの同期によって、デジタルでもリアルでも、しなやかで心地よい送金、決済体験ができるプリペイド式Visaカードである。

同カードは、これまでお金の移動(決済や送金など)やその確認(履歴・明細など)の際、人々が感じてきた手間や時間・場所の制約などのストレスを解消し、お金の使い方をそれぞれのライフスタイルに柔軟に対応させることができるという。「自由」「デザイン」「安心」をコンセプトとした同カードは、より直感的でリアルタイム性と柔軟性を重視した価値移動体験を提供する。

同カードはICチップ搭載でサインレスを実現し、Visaタッチ決済も可能だ。また、購入や送金、割り勘などの履歴はリアルタイムで反映されるためお金の動きをすぐに把握できるのも特徴。ちなみに、ポイント還元もリアルタイムで行われる。さらに、1日または1ヶ月の利用限度額をユーザー自身が設定でき、お金の計画的な利用ができる仕組みとなっている。そして、国内外5,300万店舗以上のVisa加盟店(オンラインでも実店舗でも可)で利用可能だ。

セキュリティ面では、手元の操作で完了できる「カードロック機能」や「海外利用」「オンライン利用」のオン・オフ設定などに加え、搭載のICチップは高いセキュリティ性を備えるなど配慮がされている。

同カードのデザインはいたってシンプルだ。カラーはネイビー、シルバー、ピンクの3種類で、カード番号やカード名義などを裏面に配置。これにより、日本で初めてICチップや非接触決済機能を搭載したVisaカードとして、表側にカード番号がないプリペイドカードが誕生したのだ。

チャレンジャーバンクとしての挑戦

同社はこれまで、個人向けにウォレットアプリ「Kyash」を、Web API を通じて即座にVisaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供してきた。

ウォレットアプリ「Kyash」はインストールするだけでバーチャルカード「Kyash Card Virtual」が発行され、クレジットカードやデビットカードの登録またはコンビニ・銀行からのチャージを済ませば、送金やVisa オンライン加盟店でお買い物ができるというサービス(実店舗での買い物をするには別に「Kyash Card Lite」の発行が必要)。

2020年初頭に登場する「Kyash Card」は、同社の「Kyash Card Virtual」と「Kyash Card Lite」をさらに進化させた、まさに次世代のカードなのだ。同社は今後、よりスムーズで心地いい決済体験ができる機能を拡充し、「チャレンジャーバンク」としてモバイルファーストかつより良い体験を生むバンキング・サービスの礎を築いていくとのこと。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報