海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech プロジェクターやスキャナー搭載のパーソナルアシスタントロボ「ALFRED」が便利そう!

Tech

プロジェクターやスキャナー搭載のパーソナルアシスタントロボ「ALFRED」が便利そう!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
将来ロボットと暮らすことになるとすれば、彼らに望むことはなんだろうか。その1つにプロジェクター機能があることは間違いない。

Indiegogoに登場した「ALFRED」は、いつもあなたを追いかけてきてくれて、ニュースや映画、パワポ資料を適宜投影してくれる。

プロジェクター以外にも、スキャナーやカメラなども搭載したパーソナルAIアシスタントについてご紹介していく。

・3つのカメラを搭載

コロコロと人を追尾する「ALFRED」は、顔認識やボディ認識によりユーザーを見分けている。ペットなんかも認識することができて、あらかじめ登録しておいたユーザーの声で飼い猫に呼びかけることも可能だ。

また、セキュリティカメラとしての役割も果たしてくれて、顔の登録されていない人物を発見したら通知してくれたりもする。

セルフィー撮影や赤ちゃんの見守りカメラとしても活用できて、いつでも周りで起こったことを見ていてくれるだろう。

・Netflix鑑賞やセカンドモニタとしての活用も

人なつっこいだけでなく「ALFRED」は、プロジェクターやスキャナーで日々の生産性を高めてくれる。

例えば、アラームを鳴らすと同時に時刻を壁に映し出してくれたり、机の上に広げた資料をジェスチャーひとつでスキャンしてくれれば生活や仕事がよりスムーズにいくだろう。

プロジェクターはNetflix/YouTubeの鑑賞用に、あるいはパソコンやスマホのセカンドモニタとしても活用できて、このポケットサイズのスクリーンは常に持ち歩きたい。

「ALFRED」は現在Indiegogoにて支援受付中、499ドル(約5万5000円)からの支援で手に入れることができてTシャツ付き、送料は無料となっている。スペック等詳細はキャンペーンページからご確認いただければと思う。

ALFRED/ Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報