海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile ジェスチャーでスマホのシャッターが押せる自分撮りリモコンアプリ「CamMe」

Mobile

ジェスチャーでスマホのシャッターが押せる自分撮りリモコンアプリ「CamMe」

スマートフォンのスクリーン側にあるカメラを使った自分撮りを楽しんでいる人は少なくないのでないだろうか。セルフポートレイトや、友達と一緒のショットを手軽に撮ることができる。そんな“自分撮り愛好家”向けにシャッター用リモコン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
CamMeスマートフォンのスクリーン側にあるカメラを使った自分撮りを楽しんでいる人は少なくないのでないだろうか。セルフポートレイトや、友達と一緒のショットを手軽に撮ることができる。そんな“自分撮り愛好家”向けにシャッター用リモコンなども数多く出てきているが、このほど登場した「CamMe」は自分の手をリモコンとして使えるユニークなiOSアプリだ。

どうやって使うかというと、スマホをセットして撮影位置に立ち、まず手をあげる。準備が整ったら手を握りこぶしにすると、3秒後にシャッターが押されるという仕組みになっている。つまり、ジェスチャーでシャッターをコントロールできるというわけだ。連続して撮影することも可能なので、ポーズを変えたりしていろんな自分撮りが楽しめそうだ。

また撮影後は、撮影した写真をフィルムストリップのスタイルで3コマ表示したり、用意された観光名所やキャラクターのフレームに写真を入れ込んだりすることもできる。

イスラエル拠点のスタートアップ「PointGrab」が開発した。PCやテレビなどのジェスチャー認識ソフトウェアの開発を手掛けていて、同社のCEOは「あらゆるプラットフォームや端末でジェスチャーコントロールが使えるようにするのが我々の目標。CamMeはユーザーにとって実用的なツールの一つになるだろう」と話す。

ちなみにこのアプリ、今週スペイン・バルセロナで開かれたモバイルワールド会議で「最も革新的なアプリ」に輝いた。ダウンロードは無料となっているので、頻繁に自分撮りする人は試してみてはいかが。

CamMe
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報