海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 宇宙飛行士支援ロボット「CIMON(サイモン)」の2代目が国際宇宙ステーションへ

Enterprise

宇宙飛行士支援ロボット「CIMON(サイモン)」の2代目が国際宇宙ステーションへ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙飛行士をアシストする、球形ロボット「CIMON(サイモン)」の2代目が、今月5日、輸送ロケットで国際宇宙ステーションに向かった。

到着後は、ヨーロッパの科学実験モジュール「コロンバス」内で乗務員を支援することになっている。

・AI搭載の球形浮遊ロボット

CIMON(Crew Interactive MObile companioNの略)は、AIを搭載した球形のロボット。無重力状態の船内を浮遊し、音声と画面で飛行士とコミュニケーションをとる。

開発を主導したのは航空機メーカーのエアバス社で、頭脳部分のAIにはIBMが開発した「Watson」が用いられている。

プロトタイプとして作られた初代CIMONは、国際宇宙ステーションに14ヶ月滞在し、8月27日に地球に帰還した。今回送り込まれるのは2代目の「CIMON-2」。初代と比べて、無重力中の方向感覚と、宇宙飛行士に共感する力が増しているそうだ。

・知識と感情をアシスト

エアバス社のニュースリリースの中で、IBMのAIチームリーダは「SIMONは、文脈を捉えるだけでなく、その裏にある意図まで理解できる」という。

SIMON-2はそれに加えて、人の声の調子から感情を読み取れるようになっている。宇宙飛行士の感情も含めて、その時の状況に適した対応ができるそうだ。

「つまり、科学的なアシスタントとしてだけでなく、必要があれば共感力のある話し相手にもなれるということです」とIBMのリーダーはいう。

また、SIMON-2に搭載されているAIを国際宇宙ステーション内のクラウドにアップロードするプロジェクトも予定されている。そうなると、船内のどこにいてもSIMONと会話できるようになりそうだ。

SIMON-2は初代SIMONより耐久性もアップし、今後3年間の稼働が期待されている。

AIRBUS
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報