海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 人材と案件をマッチングさせるAIアシスタント「hachico」、資金調達を実施

Tech

人材と案件をマッチングさせるAIアシスタント「hachico」、資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「世界をより多様に、刺激的に、もっと楽しく」をミッションに掲げ、「人材エージェントの機会損失を解消するAIアシスタント ~hachico~」を開発するCrossborders Innovation株式会社は、GMOベンチャー通信スタートアップ支援らより資金調達を実施した。

資金調達の概要

同社は、これまで大きく記憶に頼ってきた人材エージェントの業務では多大な機会損失が発生していることに着眼し、求職者と求人案件を自動でマッチングできるAIアシスタント「hachico」を開発。

このたび、GMOベンチャー通信スタートアップ支援、グロービス・G-STARTUPファンド、森本千賀子氏を引受先とした第三者割当増資により資金調達を完了した。今回の資金は、「hachico」のマッチング精度の向上、データ連携機能の開発およびUX・UI改善などの充てられるようだ。

迅速なマッチング

従来のマッチングでは、登録者(求職者)の約9割が成約できない状況や、求人企業の大半に人材の紹介すらできないという、もったいない状況が起こり得た。しかし、「hachico」を利用すれば、登録者も求人企業も成約機会を逸さずにすむというのだ。

また、「hachico」は細かい情報入力は不要。登録者は職務経歴データを取り込むだけで自動照合し、優先順に表示されるマッチした案件を閲覧・検討するのみ。求人企業は人材要件文を丸ごとコピペするだけで、候補の人材を紹介される。この際、細かいキーワード入力やタグ選択の必要はない。候補の人材は独自のアルゴリズムで算出されたマッチ度により優先順に表示される仕組みとなっている。

「hachico」による迅速かつ効率的なマッチングにより、登録者には求職意欲の高いうちにいい案件を提案、求人企業にはいち早くいい人材を提案できるため、成約数は増加するとの見込みだ。

同社のアルゴリズムによるマッチ度算出や「hachico」の素早いマッチングにより、成約後の活躍が期待できるかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報