海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 中小配達業者の荷物でもネット追跡できるように?! Googleが事業者向けプログラムを発表

Enterprise

中小配達業者の荷物でもネット追跡できるように?! Googleが事業者向けプログラムを発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
配達不在票や電子メールでの発送案内に記された荷物追跡番号を配達業者のサイトに入力し、荷物が今どこにあるのかをチェックした経験はある人は多いだろう。

こうした荷物追跡を、中小業者が配達するものでもGoogleでできるようになるようだ。Googleはこのほど、配達会社向けにアーリーアクセスプログラムを展開すると発表した。

・荷物追跡番号入力欄が現れる


Googleの検索バーにフライトの便名を入力すると、出発予定時刻や、目的地到着まであとどれくらいかかるのかといった情報が示される。今回プログラムを展開する荷物配達もまさに同じようなスタイル。荷物のロケーション情報がリアルタイムに提供されるようになる。

具体的には、Googleの検索バーに配達会社名とpackage tracking(荷物追跡)というキーワードを入力すると、荷物追跡番号を入力する欄が現れる。そして番号を入力すると荷物がいまどこにあるのか、いつ配達される予定なのかが示される。

・Googleサイトで追跡完了


これまでの荷物追跡は、消費者が配達業者のサイトアドレスをマニュアル入力するか、Googleで配達業者のサイトを調べて、そこから追跡サイトにいくというのが一般的だった。しかしプログラムを導入した場合、Googleのサイトで追跡が行える。

消費者にとっては便利なのは言うに及ばず、また自力で追跡サービスを提供できない中小企業にとっても荷主と荷物受取人の双方の利便性向上を図れるというメリットがある。

この検索機能を活用できるようにするには、配達業者はGoogleのプログラムに申し込む必要がある。

Google Blog

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報