海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 物理ボタン付きでアナログ風に遊べるデジタルピンボール機「Sharpin ULTRA」が面白そう!

Tech

物理ボタン付きでアナログ風に遊べるデジタルピンボール機「Sharpin ULTRA」が面白そう!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アーケードゲームといえば「デジタルゲーム機よりもピンボール」なんて時代もあった。知らない人たちのために説明しておくと、ピンボール(フリッパーピンボール)とは傾斜した盤面上を転がる玉を落とさないように打ち返して高得点を稼いでいくアーケードゲームだ。

最近ではスマホなどでも遊べるが「やっぱりピンボールといえば実機でしょう」という人たちも少なくないはずだ。そんな人にぜひ「Sharpin ULTRA」をおすすめしたい。

・まるで実機で遊んでるような感覚を得られる?

Sharpin ULTRAは、ディスプレイと玉を打ち返す左右のフリッパーを操作するための物理ボタンを搭載した半アナログピンボール機だ。もちろんコンテンツはデジタルなのでディスプレイ上にピンボールの盤面が投影されるのだが、実際に物理キーでフリッパーを操作するのは、単にスマホや外付けコントローラーでプレイして得られる感覚とは雲泥の差だ。

本体サイズは実機ほど大きくはなくミニサイズなので、部屋に置いておくにもピッタリだ。

・サードパーティ製のコンテンツも遊べる

さらにソフトにはAndroidに最適化されたものが使われているため、AndroidスマホやPCに繋いでサードパーティ製のピンボールゲームをインストールしても同じように遊ぶことができる。なんなら、本体をただのディスプレイとして使い、コントローラーを接続してAndroidゲームを遊ぶなんていう裏技にも対応しているそうだ。

Sharpin ULTRAは現在Kickstarterにて出資を募っており、フルモデルだと今なら1台349ポンド(約4万9220円)から出資注文が可能だ。キャンペーンは2019年1月21日まで実施されている。

執筆:Doga

Sharpin ULTRA/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報