海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 株式会社TransRecog、NVCCより資金調達を実施

Tech

株式会社TransRecog、NVCCより資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界初のWindows用PDF書き込みソフトAxelaNote(アクセラノート)を開発・販売する株式会社TransRecogは、日本ベンチャーキャピタル株式会社(NVCC)の運営するfabbit・NVCCスタートアップファンド投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資により資金調達を実施した。

さらに進化するAxelaNote

同社は、ペーパーレス化社会を目指し、PDFに書き込みができるAxelaNoteを2019年2月に発売。以降、ユーザーフィードバックを活かし、積極的に機能追加と品質向上に努めてきた。

このたび、NVCCの運営するファンド fabbit・NVCCスタートアップファンド投資事業有限責任組合を引受先として、第三者割当増資による資金調達を完了。今回の調達金は開発スピードの一層の加速と実装機能の拡充を目的とした開発体制の強化、認知向上のためのマーケティング活動などに充てられるようだ。

電子ファイルの欠点を補い、ペーパーレス化を促進

首都大学東京発のベンチャー企業である同社は、AxelaNoteの販売を通じて真のペーパーレス化社会を目指している。同ソフトは編集・注釈・印刷が禁止のPDFに書き込みができ(マウスやペンなどの手書きにも対応)、表示が絶対に崩れない画期的なWindows用ソフトである。また、原本を一切変更せずに書き込め、原本のPDFと書き込んだデータは別ファイルで保存されるため、データの棄損する心配がないのも特徴。

同ソフトは、PDF ファイルの表示、検索などをするためのソフトウェア「Acrobat Reader」を一切改造しない世界初のソフトである。つまり、原本の上に透明なシートを置き、そこに書き込み、保存の際はシートだけを外して別で保存するというイメージだ。ちなみに、書き込みは別シートというイメージだが、スクロールや拡大縮小にはきちんと追随する。

書き込みが終わると、原本と書き込み部分を統合して、新しいPDFの作成が可能となる。新しいPDFは、原本のPDFが印刷禁止でも印刷ができるようだ。

内装・電気設備業者などのPDF図面を使う業界や、紙出力せずにPDF書類への書き込みや会議メモを残したい人、特注品のPDF図面を扱う製造業業界で重宝しているとのこと。5つのコンテストで7つの賞を受賞し、大企業・自治体などで幅広く利用されている。

これまでは、PDFで図面や書類をもらっても、自分で書き足せないという電子ファイルの欠点があった。同ソフトはその欠点を補い、電子ファイルが紙に取って代わる日が見えてきた気がする。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報