海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up Airbnbが世界各地の郷土料理を学べる料理体験を新カテゴリーに追加

Start Up

Airbnbが世界各地の郷土料理を学べる料理体験を新カテゴリーに追加

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界191カ国以上で空き部屋マッチングサービスを運営するAirbnb(エアビーアンドビー)は、2019年11月、世界各地の郷土料理や食文化を学ぶ料理体験がオンラインで予約できる「Cooking(料理)」カテゴリーを新たに追加した。

・地域の伝統的な郷土料理のレシピを学ぶ料理体験

Airbnbでは、豊かな知識や専門的なスキルを持つ地元の人々と旅行者をつなぎ、地域ならではのユニークなアクティビティを提供する「Experience(体験)」を2016年11月に開設。

「Experience」では、現在、3万件以上が登録されており、とりわけ、飲食にまつわる体験は、2018年以降、前年比160%のペースで成長している。

そこで、Airbnbは、「Experience」のカテゴリーのひとつとして「Cooking」を新設。

世界75カ国以上を網羅し、地元のシェフやパティシエ、農家、一般家庭から伝統的な郷土料理のレシピを学び、食文化をより深く知ることのできる3000件以上の料理体験がオンラインで予約できる。

・世界各地の郷土料理の保護や継承にも寄与

「Cooking」には、地域ごとの食文化や伝統の保護に取り組むイタリア発の草の根団体「Slow Food(スローフード)」も参画。

専用ページ「Slow Food Experiences」では、イタリア、日本など、4カ国で45件の料理体験がすでに登録されている。

Airbnbは、旅行者と地域をつなぐプラットフォームとして、食を通じた文化交流はもとより、伝統的な郷土料理のレシピの保護や継承にも寄与したい考えだ。(文 松岡由希子)

Airbnb / Slow Food
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報