海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 機械学習による自動運転技術開発のWayveがロンドン市街地で路上試験

Tech

機械学習による自動運転技術開発のWayveがロンドン市街地で路上試験

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国を中心に開発が進む自動運転の技術は、基本的に多くのセンサーやレーダー、カメラを活用している。しかしそうした概念を打ち破って業界に驚きをもたらしたのが英国のスタートアップ「Wayve」だ。

機械学習によってカメラとGPSマップで自動走行するという技術で、同社はこのほど資金調達を行い、ロンドン市街地で路上テストを開始した。

・約22億円を調達

Wayveはこれまでに英国の公道でテストを行なっていて、それをロンドン市街地に拡大した格好。つまり、多くの車や人が行き交うというタフな環境での試験となる。

ケンブリッジ大学の卒業生2人が2017年に設立したWayveは、このほどシリーズAで2000万ドル(約22億円)を調達し、ロンドンでのテストに漕ぎ着けた。テストにはケンブリッジ大学も協力している。

・初めての道にも対応

Wayveの運転技術の中心にあるのは機械学習だ。機械学習のデータから学習するようになっていて、走行するほどに経験値を増やす。なので、他社が研究・開発する技術とは異なり、初めての道でも走行できるのだという。

これは、人間のドライバーが運転の経験を重ねることでこれまで通ったことのない道でも運転できるのと同じ理論だ。そして重要なことに、Wayveの学習スピードは人間のものよりも速い。

また、センサーやレーダーといった機械を必要としないので実用化となった場合にコストを抑えられることも大きなメリットとなる。

現段階ではまだ実用化はみえていないが、ロンドン市街地でのテスト次第では具体的になってきてもおかしくなさそうだ。

Wayve

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報