海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise オランダの小売グループが独自のレジレス店舗ソリューションを試験的に導入

Enterprise

オランダの小売グループが独自のレジレス店舗ソリューションを試験的に導入

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
蘭大手小売グループAhold Delaize(アホールド・デレーズ)傘下のサービスプロバイダRetail Business Service(リテール・ビジネス・サービス)は、独自のレジレス店舗ソリューション「lunchbox」を米マサチューセッツ州クインシーのオフィスで試験的に導入した。

・コストが安く、短期間で導入できるレジレス店舗ソリューション

「lunchbox」は、Retail Business Serviceが開発したスマホアプリと米IT企業UST Globalの人工知能(AI)を融合させたレジレス店舗ソリューションだ。

利用者は、事前に専用アプリをダウンロードして、ユーザー登録したうえで、このアプリを使って入店し、店内で欲しい商品を手に取ってそのまま退店すると、自動で精算される仕組み。

PayPalやVenmo、Apple Pay、Google Payといったモバイル決済サービスに対応している。

「lunchbox」は、他のレジレス店舗ソリューションに比べてコストが安く、短期間で導入できるのも利点だ。

Retail Business Serviceのオフィスでは、わずか6週間で設置が完了し、現在、軽食やサラダ、スナック菓子、ドリンク類などを24時間年中無休で無人販売している。

・オフィスや大学のキャンパスなどでニーズを見込む

Ahold Delaizeでは、傘下の蘭スーパーマーケットチェーンAlbert Heijn(アルバート・ハイン)もレジレス店舗ソリューションを開発し、2019年9月、蘭ザーンダムのAlbert Heijnのオフィス内店舗「AH to go」に試験的に導入した。

Ahold Delaizeは、オフィスビルや大学のキャンパスなどにおいて、レジレス店舗ソリューションのニーズを見込んでいる。(文 松岡由希子)

Retail Business Service
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報