海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech レクサスが初の市販EV「UX300e」発表、2021年前半に国内販売

Tech

レクサスが初の市販EV「UX300e」発表、2021年前半に国内販売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車は、Lexus(レクサス)初のEV市販モデル「UX300e」を発表した。

大容量バッテリーで航続距離400キロを確保したコンパクトクロスオーバーだ。2020年以降まずは中国や欧州で発売し、日本での発売は2021年前半になる見込み。

・電動化ビジョン第1弾

Lexusは今年の東京モーターショーで電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表していたが、今回のUX300eはその第1弾となる。

高級ブランドにふさわしく、なめらかで力強い加速フィーリング、そして静寂性などを追及したという。ハイブリッドで培ったモーター制御技術を採用しているのも特徴だ。

パドルシフトで減速度を4段階から選択することでガソリン車のエンジンブレーキのような減速操作ができるのもユニークだろう。

・バッテリーを床下配置

モーターの最高出力は150kW、最大トルクは300Nm。54.3kWhのリチウムインオンバッテリーにより、航続距離は400キロ(NEDO計測値)となっている。

バッテリーを床下に配置することで低重心化を図ると同時に、遮音効果も持たせ、室内空間に静けさをもたらすという。

加えて、最新のコネクティッド技術を採用し、スマホにダウンロードした専用アプリでバッテリーの残量や走行可能距離などを確認できるようになっている。アプリではまた、車外からエアコンやシートヒーターを作動させられるようにもなっている。

コンパクトクロスオーバーは人気の車種だけに、グローバルでの注目度は高そうだ。

トヨタ自動車
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報