海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 量子コンピュータ系スタートアップのQunaSys、総額 2.8億円の資金調達

Start Up

量子コンピュータ系スタートアップのQunaSys、総額 2.8億円の資金調達

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社QunaSysは、このたびグローバル・ブレイン、新生企業投資、ANRIの計3社を引受先とする第三者割当増資により、総額 2.8億円の資金調達を実施した。

QunaSysとは

QunaSysは、「社会の不可能の壁を傑出した技術で超越する」をコーポレートミッションとして掲げ、量子コンピュータ向けのアルゴリズムとアプリケーション開発を行ってきた。

量子コンピュータは、量子化学計算、機械学習、最適化計算、暗号解読(素因数分解)等への応用が期待されており、同社はその中でも実用化が近いとされている量子化学計算と機械学習を中心に、最先端をいく大学や企業とも連携しながら量子コンピュータのパワーを最大限引き出すアルゴリズムの開発に取り組んでいる。

今回の資金調達について

今回の資金調達の目的は、アルゴリズム・ソフトウェア開発の加速とのこと。量子コンピュータ技術の健全な発展と社会実装にむけたエコシステム形成に取り組むとしている。

代表の楊 天任氏は次のようにコメント。
今後は「これまでの古典コンピュータでは不可能であった計算を量子コンピュータが可能にする」という、大きなマイルストーンの達成を、ハードウェアベンダーとの協力の中で世界初の実現を目指します。そして、量子コンピューターのパワーを誰もが簡単に享受できるようなソフトウェアの開発を目指していきます。

IBMやGoogleを筆頭として、積極的な投資が進んでいる量子コンピュータの技術。日本を代表する若手研究者から構成された同社のグルーバルでの活躍に期待したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報