海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise Facebook、ブログ…プラットフォームを越えて動画広告が配信できる「Virool」

Enterprise

Facebook、ブログ…プラットフォームを越えて動画広告が配信できる「Virool」

インターネットが各家庭に普及し、今やスマートフォンを通じて、各個人がモバイルデバイスでWebを閲覧することすら当たり前になった。そのような時代の流れを受けて、インターネットの動画広告は躍進を続けているが、中でも昨年662...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Viroolインターネットが各家庭に普及し、今やスマートフォンを通じて、各個人がモバイルデバイスでWebを閲覧することすら当たり前になった。そのような時代の流れを受けて、インターネットの動画広告は躍進を続けているが、中でも昨年662万ドルの資金を集めた動画プラットフォーム「Virool」は特に顕著な存在だ。

セルフサービスで広告配信できる「Virool」を使うことで、企業は自社の動画コンテンツをFacebook、Twitter、ブログ、モバイルアプリなど、さまざまなオンラインのプラットフォームにまたがって公開できるようになる。

動画広告はバナー広告や静止画像と違い、音声と映像を用いるため、たくさんの情報を一挙にユーザーに訴求することが可能になり、閲覧数や露出を増加させ、自社のサービスや商品について、ユーザーにより深く知ってもらえるのがメリット。自社の世界観、自社ブランドの雰囲気を大切にしつつ、アピールできるのは動画というコンテンツならではだろう。

また、自社開発のターゲットツールが用意されており、広告を見てもらいたい対象ユーザーを設定することが可能だという。利用方法はこうだ。まず、企業は広告として配信したいYouTube動画のリンクを入力。次に、広告予算を設定し、広告ターゲットを選択する。とても簡単な手順で、セルフで動画広告の配信が可能になる。

広告を展開する企業は、オンラインのダッシュボード上で、開催中の広告キャンペーンの推移、統計データなどのフィードバックを確認することができる。ダッシュボードでは、ユーザーの視聴数、クリック数、視聴時間や、位置情報をもとにしたマップ分布図など、さまざまな広告分析データをリアルタイムで表示。より効果的なキャンペーン展開をするサポートをしてくれる。

ところでネットの広告というものは、あまりにも露出が多すぎると、スパム広告になりうる危険性もある。「Virool」は先日、Googleのスパム対象に分類され、2月中旬現在、Googleの検索結果から完全に消去されているという。悪意ある広告を見極めるのは難しいことだが、これはネットコンテンツ全般に関わる問題といえるだろう。

Virool
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報