海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech オフィスの備品を自動補填できる「Dash Smart Shelf」、Amazonが米国で展開へ

Tech

オフィスの備品を自動補填できる「Dash Smart Shelf」、Amazonが米国で展開へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazonは一時期、ボタンを押してAmazonウェブサイトで同じ商品を注文できるハードウェア「Amazon Dash」を展開していた。洗剤やペットフードといった消費財を、サイトを立ち上げることなく注文できるというものだ。

このオフィス版ともいえるスケール内蔵の「Amazon Dash Smart Shelf」が発表された。コピー用紙やレシートなどオフィスで使う備品を自動で補填注文できるようになる。

・重さを自動検知

オフィスには常にストックしておくものが必ずある。それらがなくなることがないようにできるのがDash Smart Shelfだ。

Dash Smart Shelfはスケールを内蔵し、Wi-Fiでネットに接続する。使い方はいたってシンプルで、コンセントにケーブルをつなげるか乾電池をセットして電源をとってWi-Fiにつなげ、アプリで自動補填されるようにしたいプロダクトを選ぶ。

そしてプレート状のDash Smart Shelfの上に選んだプロダクトのストックを置くだけでいい。すると、Dash Smart Shelfのスケールが重さを感知し、軽くなってきたら自動注文するという仕組み。

・あらゆる備品が対象

Dash Smart Shelfは46×33センチ、30×25センチ、18×18センチの3サイズが用意されている。Shelfの表面に置けるものならガムテープ、付箋、ペン、トイレットペーパーなどあらゆるものが対象となる。

自動注文ではなく、ストックが少なくなってきたことを担当者に知らせる、という設定も可能なようだ。

AmazonはDash Smart Shelfをまずは米国のいくつかの小規模事業所で試験展開し、最終的には米国に拠点を置く事業所が対象の全Amazon Businessアカウント向けに提供する見込み。

Amazon

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報