海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile バスタイムでもスマホを楽しめる! スクリーン操作も可能な防水ポケット「HOYO」

Mobile

バスタイムでもスマホを楽しめる! スクリーン操作も可能な防水ポケット「HOYO」

スマートフォンユーザーが朝起きてから寝入るまで1日のうちに端末を操作する回数はかなりのものになるだろう。ユーザーの中にはバスタイムにもスマホを手放したくないと思っている人がいるかもしれない。そんな“スマホ中毒者”用に開発...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
HOYOスマートフォンユーザーが朝起きてから寝入るまで1日のうちに端末を操作する回数はかなりのものになるだろう。ユーザーの中にはバスタイムにもスマホを手放したくないと思っている人がいるかもしれない。そんな“スマホ中毒者”用に開発された商品が「HOYO」だ。防水ポケットにスマホを入れれば、シャワーを浴びながらでもスマホをみて触って楽しむことができる。

デザインは非常にシンプルで、ポケット本体の外観はただの透明なプラスティックバッグ。だが、最大の売りは、プラスティックに入れているにもかかわらず、外側からスワイプしたりタップしたりとスクリーン操作が可能なことだ。通話はもちろん、音楽を聴いたりネットサーフィンしたりすることができる。湯船につかりながらYouTubeのビデオを鑑賞するのもいいリラックスタイムになるかもしれない。

シャワーカーテンと壁用の2種類があり、壁タイプでは吸盤でセラミックやガラス、鏡などに取りつけられのも便利だろう。また、ポケットはほとんどのスマホを入れられる大きさとなっている。

HOYOはロンドン拠点のデザイナーが考案し、現在、資金調達サイト「Kickstarter」でキャンペーンを展開している。気になるのは値段だが、キャンペーンでは防水ポケット、ポケットホルダー、開け閉めのねじ、ふたの一式が12ポンド(1ポンド171円換算で約2050円)からとなっている。英国・米国外への発送はプラス10ポンドで対応している。キャンペーンではすでに目標額の2万5000ポンドを達成したので、商品化は確実となった。「こんなの欲しかった!」と思った人は、今がおトクに入手できるチャンスだ。

HOYOを使うと水やほこりから端末を守れるので、デザイナーはバスルームだけでなくキッチンやガレージ、庭などでの利用方法も提案している。

HOYO
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報