海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech レンジ不要で食べ物が暖められるハイテク弁当箱「NEOVEN」! ポットや冷凍庫機能も

Tech

レンジ不要で食べ物が暖められるハイテク弁当箱「NEOVEN」! ポットや冷凍庫機能も

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
昼休みのレンジ待ち時間を削減できたら……そんなシンプルなニーズを満たすべく開発された弁当箱が「NEOVEN」だ。それだけなら保温弁当箱で十分じゃないか、と考えるかもしれないが、NEOVENでできることはまだまだある。

たとえばお湯を沸かしたりアイスクリームを冷凍しておいたり……。果物や野菜をミキサーにかけてジュースだって作れる。

欲しい機能がすべて詰め込まれたNEOVENについて詳しく見ていこう。

・暖め、湯沸かし、冷凍、ミキサー機能付き

暖め、湯沸かし、冷凍、ミキサーとこれだけのことが弁当箱でできるとはにわかに信じられないが、Kickstarterのキャンペーンページに掲載された紹介動画を観ると確かに機能しているようだ。

ポットやミキサーは弁当箱本体とは別のモジュールで、本体にのっけて電源供給することで機能する。

これだけの仕事をする弁当箱はさぞかしバッテリー容量が大きいのだろう、とお考えかもしれないが、その予想は的中していて、6000mAh × 3とiPhone約6個ぶんだ。

・スマホアプリで弁当箱をコントロール

Wi-FiやBluetoothがつながり、スマホアプリからコントロール可能。つまり、デスクワークしながら、頃合いを見て昼ご飯の暖めを開始できる。

大容量バッテリーを利用したモジュールはまだまだこれからも開発される予定で、弁当箱はさらに便利になっていきそうだ。

ガワのサイズは30.5cm × 20.5cm、セットすべてを持っていくと重さは約2kgと、やはり普通の弁当箱よりはかなり大きめ。個人的にはポットだけでも活用したいNEOVENは、現在Kickstarterにて支援受付中。暖め、湯沸かし、冷凍、ミキサーすべての機能を手に入れたいのなら279ドル(約3万円)からの支援枠となる。詳しくはキャンペーンページでご確認いただきたい。

NEOVEN/ Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報