海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise Adobeがライブ・ストリーミングに参入!アーティストのライブ配信は流行するか

Enterprise

Adobeがライブ・ストリーミングに参入!アーティストのライブ配信は流行するか

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Adobeクリエイティブ・クラウドにライブ配信機能の追加が発表された。ゲーム等のライブ配信が流行する中、アーティストの制作過程を公開するようなライブ配信が広まる可能性がある。

アーティストが作品を制作している様子をライブ配信できる新機能

2019年11月のAdobe Maxカンファレンスにおいて、ライブ配信機能が発表された。デジタル描画ツールであるAdobeフレスコを使っている一部のユーザー向けに機能が開放される。今後は、より多くのユーザーにも利用可能になる見込みだ。この機能は、ライブ配信のリンクを公開すると、誰でも視聴し、コメントが行えるようになる。

ゲーム実況プラットフォームとしてTwitchは人気を集めている。ゲーム・プレイヤーがそのスキルをライブ動画で公開しているように、アーティストが作品を制作している様子がAdobeのライブ配信で可能になるのだ。

どのようにAdobe製品の機能を活用しているかを理解できる、学習の機会をもたらす

Adobeは既にYouTube等でライブ動画を公開し、アーティストが作品を制作している様子を配信している。配信は3時間近く行っているが、視聴時間は平均して66分以上に及ぶ。どのようなツールを使って、作品を作っているかを理解できるため、人気を集めてきた。特定の製品や、特定のツールの使い方を学ぶためにライブ配信は効果的なものとなる。

プロダクト責任者のスコット・ベルスキによると、デザイナーは学校に通うよりも、他のデザイナーの隣に座り、見よう見まねで学んできたと言う。Adobeのライブ配信機能は、この学習体験をクリエイティブ・クラウドで実現しようとしている。さらに、人気のライブは、バズる可能性も秘めている。

Adobe is building live-streaming into Creative Cloud apps
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報