海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 片手で持てる4Kアクションカメラ「Vmate」はジンバル内蔵で手ぶれなし!

Start Up

片手で持てる4Kアクションカメラ「Vmate」はジンバル内蔵で手ぶれなし!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
どこにでも持ち歩くスマホで写真やビデオを撮影する人は多いかと思うが、動きの激しいシーンではスマホは扱いにくい。

そこで活躍するのがアクションカメラ。このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した「Vmate」は片手で持てるコンパクトさで、しかもジンバルを内蔵。滑らかな4Kが手軽に撮れる。

・スロモ撮影も

Vmateはスティック形状で、片手で持つことを前提にデザインされている。先端に画角81度のレンズを搭載。イメージセンサーは1/2.3インチで、ビデオであれば4K/60fpsで、静止画であれば1200万画素で撮影できる。1080p/240fpsでのスローモーション撮影にも対応する。

また、Vmateのレンズは90度回転したり、水平に動いたりするようになっているので、ポートレートモードやランドスケープモード、シネマティックな撮影でも使える。

搭載するマイクロ3軸スタッビライザーシステムが手ぶれを抑制し、スケボーやバイク、スキーなども難なく撮れそうだ。

・遠隔操作にも対応

Vmateのボディ部分には1.12インチのディスプレイが備わっており、ここで各種撮影モードを切り替えることができる。

また、そうした操作は連携するスマホアプリでもでき、Vmateを三脚などに固定しておいて、遠隔からスマホを使って撮影することも可能だ。

撮影後はすぐに誰かと共有したいものだが、VmateはWi-Fiがビルトインされているので、アプリでプレビューしてすぐにSNSで公開ということも手軽にできる。ブロードキャストモードも用意されていて、これは特にブロガーには嬉しい機能だろう。

いくら多機能でも高価だと手を出しにくいが、その点、Vmateは現在Indiegogoで189ドル(約2万1000円)〜となっている。すでに目標額を大幅に超える額を集めていて、あと1カ月ほど出資を受け付けたのち、来年1月にも発送が開始される見込みだ。

Vmate/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報