海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 機内エンターテイメントでAirPodsを使えるようにするトランスミッター「AirFly Pro」は2台同時シンクに対応

Tech

機内エンターテイメントでAirPodsを使えるようにするトランスミッター「AirFly Pro」は2台同時シンクに対応

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米アクセサリーメーカーのTwelve Southは昨年、機内エンターテイメントなどオーディジャックはあるもののBluetoothに対応しない環境でワイヤレスイヤホンを使えるようにするトランスミッター「AirFly」を発表した。

その改良版「AirFly Pro」がこのほど発売された。駆動時間が倍にのび、かつデバイス2台の同時シンクができるなどグレードアップが図られている。

・ロングフライトで活躍

AirFlyは、愛用のAirPodsを飛行機内でも使えるようにするというもの。AirFlyを3.5ミリのオーディオジャックにつなぐと、AirFlyがそのオーディオをAirPodsに送る仕組みだ。機内だけでなく、オーディオジャックしかないスピーカーやモニターなどでも使える。

AirFlyは充電式だが、オリジナルでは駆動時間が8時間だった。しかし今回のProは16時間にのび、ロングフライトでも存分に使うことができる。

・2人での映画鑑賞に

また、同時に2台のデバイスにシンクさせられるようになったのも大きい。これは2人で映画やテレビ番組を鑑賞するときなどに便利で、機内に限らず日常生活でも活躍しそうだ。

意外な使い方として、レンタカーしたときにスマホの音楽を車のステレオに飛ばすというのがある。

Twelve SouthはApple製品のアクセを多く手がけているのでAirPodsが引き合いに出されているが、実際にはBeatsやSony、Boseなど他ブランドのワイヤレスイヤホンにも対応する。

AirFly ProはTwelve Southのサイトで購入できるほか、米国のAppleショップでも販売されている。価格は54.95ドル(約6000円)。

AirFly Pro
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報