海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 東大発スタートアップが「現場作業員のデータを見える化」するAI画像認識技術を開発

Enterprise

東大発スタートアップが「現場作業員のデータを見える化」するAI画像認識技術を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
AIサービスの開発業務を行う株式会社Lightblue Technologyは、AIによって現場作業員の活動を数値データ化&見える化し、業務効率改善や安全性向上につなげる「ヒューマンセンシング AI(Lightblue Sense)」をリリースした。

・人にフォーカスした画像解析AI

「ヒューマンセンシング AI」は、アカデミックでの研究成果や知識をベースに、Lightblue Technologyが自社開発したAIソリューション。「人にフォーカスした画像解析AIソリューション」で、行動認識、姿勢推定、位置推定、顔向き推定、感情推定、物体認識などのAI画像認識技術を組み合わせることで、人から様々なデータを認識・分析し、工程ごとや人員ごとに細かく 「数値データ化&見える化」する。

これまで、製造現場や建設現場における作業者の管理方法は、作業者の動作を観察、記録、分析して、作業の効率や安全性を人がチェックするといったアナログな方法が多く取られてきたが、これには大きな労力と時間を要する。

「ヒューマンセンシング AI」では、カメラで撮った現場の動画像を用意するだけで、その動画像から様々なデータを認識・分析し、現場での作業状況をリアルタイムに「数値データ化」できるようになる。さらに、これまでAI導入にあたり負担になっていた、大量の画像データを用意する必要もないという。

・建設資材や工事用車両などの物体検知も可能

また、人の動きと同時に、建設資材や工事用車両などの物体検知もできるため、危険物が作業者に接近していることを検知してアラームを出す、といったことが可能なほか、姿勢推定、顔向き推定、感情推定などのAI技術を組み合わせることで、作業員の健康状態なども把握できる。

「ヒューマンセンシング AI」によって、現場作業の「見える化」に要する時間を大幅に短縮でき、現場の管理がわかりやすくシンプルになる。結果として、作業員ひとりひとりの業務効率改善や安全性向上につながっていく。

「ヒューマンセンシング AI」は、製造工場や建設現場の作業員の管理のほか、店舗・コンビ二等での店員の作業効率改善や健康面の管理などにも有用そうだ。

「ヒューマンセンシング」デモ動画
PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報