海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 任意の場所の天候をモニタリングするお手軽気象観測装置「TEMPEST」

Tech

任意の場所の天候をモニタリングするお手軽気象観測装置「TEMPEST」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
天気予報は、あくまでも観測点の現状をモニタリングするものだ。テレビで報じられている情報と自宅の周囲の状況が一致するとは限らない。

ならば、自宅を気象観測所にしてしまおう。そのようなコンセプトで開発されたのが「TEMPEST」である。本場の天気予報顔負けの情報を、家主のスマートフォンに表示してくれる仕組みだ。

・全世界のTEMPESTからデータを取得

ポール型のTEMPESTは、庭の地面に刺すか建物の外壁に設置するかで野外に露出させる。動力は内蔵のソーラーパネルから給電する。それ以外の電池は不要だ。

天候、気温、気圧、降水量といった基本的な情報はもちろんだが、雷の接近やUVの強さもスマホアプリに表示してくれる。また、全世界のTEMPESTからの情報や気象衛星、各国気象台の情報がサーバーで一元管理され、そこからリアルタイムのデータを算出する仕組みも有している。

気象観測地点ではないが、そこの気象状況は何としてでも知っておきたい……ということは意外によくある。たとえば、山間部に住んでいる人にとっては自宅周辺の天候は命をも左右する。山火事や土砂崩れなど、天候次第で大災害が発生してしまう恐れもあるからだ。

・大人気の製品

このTEMPESTは、クラウドファンディング「Kickstarter」で資金調達を行っている。

かなり人気を集めている製品だから、最安値の出資枠は早々に締め切られてしまった。11月12日の時点では229ドル(約2万5000円)の枠が残っている。配送は来年3月から行われる予定だ。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報