海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech SaaSビジネス戦略を進めるマネーフォワード、スマートキャンプを子会社化!

Tech

SaaSビジネス戦略を進めるマネーフォワード、スマートキャンプを子会社化!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
本日11月11日、資産管理・家計管理ツール「マネーフォワード ME」を提供する株式会社マネーフォワードが、スマートキャンプ株式会社をグループ会社化することを発表した。

連結子会社化の背景

スマートキャンプ株式会社は、SaaS向けリード獲得メディア「BOXIL(ボクシル)」を運営している。メディア全体で月間1,000万PVを有し、12万人以上の登録会員を持つ同サービスは、同社売上高の7割を占め、安定成長と黒字化を実現。

今回のグループ会社化によりマネーフォワードは、従来のバックオフィスSaaS領域に加え、SaaSマーケティング領域に事業領域を拡大するとのこと。また、スマートキャンプが持つマーケティングノウハウと、マネーフォワードが持つネットワークにより、両社事業の成長を加速させていく予定だ。

SaaSビジネス戦略

スマートキャンプはこれまで、国内のVCから約7億円の資金調達を実施していた。今回、マネーフォワードはその全株式と、経営陣持分の一部を19億9,800万円で買い取り、72.3%の持分を取得するに至った。なお、株式は2019年11月中に取得予定とのこと。

今回の連結子会社化について、既存株主のSTRIVE 代表パートナー・堤達生氏は次のようにコメントしている。
マネーフォワード社は設立7年、スマートキャンプ社は設立5年。設立7年の会社が設立5年の会社をグループ化するというのもなかなかない事例であり、日本のスタートアップのM&Aにとってもエポックメイキングであると同時に、今後もこのようなケースが増えてくるのではないかという期待もあります。辻さんという卓越したリーダーシップの下、スマートキャンプ社が益々発展していくことを願ってやみません。

高成長の国内SaaS市場に対し、マネーフォワードは今後もアライアンス・M&A等を通じ、上記領域以外のSaaS領域への展開も図るとのことだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報