海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ロシアのYandexも自律走行ロボット配達に参入へ! モスクワで試験中

Tech

ロシアのYandexも自律走行ロボット配達に参入へ! モスクワで試験中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア最大の検索エンジンで知られるYandexは、実は音楽やオンラインストレージといったその他のメディアサービス、そして配車アプリなども展開している。

そうしたさまざまな事業のひとつである自動運転部門が、自律走行する配達ロボット「Yandex.Rover」を発表した。自動運転車両の技術を生かした、小型の荷物を配達するボックス型のロボットで、すでにモスクワで試験を行っている。

・センサーで障害物回避

配達ロボットはStarship TechnologiesやAmazonといった大手、その他スタートアップがすでに展開していて、デザイン的にはRoverはそうしたものと似通っている。荷物を収納するボックスが6輪で走行。

機能も基本的には同じで、搭載するセンサーなどで周囲を“見る”ことができ、歩行者や障害物を避けながら目的地まで自律走行する。つまり、人間が付き添わなくても配達を完了させられる。

・グローサリー配達に活用

Roverは現在、モスクワに置かれているYandex本部の敷地内で走行テストが展開されている。7000人が働く敷地内にはいくつものオフィスビルやレストラン、駐車場などがあり「テストにはうってつけ」とのこと。

今後はさまざまな気象条件下で日中・夜間問わず走行テストを行い、ゆくゆくはYandex傘下のフード注文Yandex.Eats やグローサリー注文Yandex.Lavkaといったサービスでの活用を視野に入れているという。

Yandex/Medium

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報