海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech FacebookがAIの顔認証を回避する技術! ビデオを逆ディープフェイク的に変換

Tech

FacebookがAIの顔認証を回避する技術! ビデオを逆ディープフェイク的に変換

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookがビデオにおける顔認識に対抗する技術を開発した。静止画像上の人物を匿名化する技術はこれまでも開発されてきたが、ビデオでこれを実現したのは初となる。

Facebookといえば、プライバシーデータの悪用の印象がぬぐえず、賠償額350億ドルにのぼる(約3兆8000億円)集団訴訟の行方が気なっている方もいるだろう。

数々の過ちを犯してきたこのテックジャイアントだが、少なくとも研究開発部門のFacebook AI Researchは、プライバシーデータ保護の方向に動いているようだ。

・最小限の修正で最大限の無相関化

ディープフェイクがビデオに個人の顔をマッピングするのに対し、今回の技術では顔識別子を排除する。

姿勢や照明の具合、表情を自動で修正し、顔認識ネットワークをうまくだます。論文に掲載された修正前後のサンプル画像を見ても、人間は微細な違いしか識別できず、なぜAIがだまされるかが理解できない。

わずかに歪ませた顔画像を生成し、元画像にマッピング。最小限の修正で最大限の無相関化を実現しているとのこと。

・ビデオごとの再トレーニング不要

ネットワークは、ビデオごとに再トレーニングする必要がなく適用範囲が広いとのこと。また、ビデオの時間的な遅れがほとんどなく自然なのも特徴だ。

顔認識システムが高度化するにつれて、プライバシーの保護を訴える声も大きくなってきている。セキュリティや利便性を高めてくれる同技術も諸刃の剣。データを収集する側の利益のための乱用も可能だろう。

強力な顔認識技術を開発し、力を持つ側のFacebookが、これを無効化する技術も提供してくれるのは好意的だ。

参照元:Live Face De-Identification in Video/Facebook AI Research
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報