海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 最高時速30km!日本の公道で走行できる電動キックボードがMakuakeに登場

Tech

最高時速30km!日本の公道で走行できる電動キックボードがMakuakeに登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカではパーソナルモビリティや電動キックボード、電動スケートボードが流行したが、その流行が日本に伝達することはなかった。

日本の公道では、それらの乗り物を導入することが難しいからだ。たとえば、電動キックボードの場合も保安部品とナンバープレートが装着していなければ公道走行はできない。

だが、クラウドファンディング「Makuake」に搭乗した「E-KON」は日本での公道走行を前提にした製品。原付に変わるモビリティとして、大いに注目されているようだ。

・法律では「原動機付自転車」

E-KONは「standard」と「grande」を用意しているが、ここでは上位機種のgrandeを中心に取り上げたい。

E-KONの最高速度は30km。このスペックは意図したもので、日本ではこれ以上の速度が出る製品の走行はやはり難しい。最大航続距離は30km、もし電池が切れたら折り畳んで持ち運ぶことも可能だ。

このE-KONを持ってバスや電車等の公共交通機関に乗る際は輪行バッグが必要だが、これは別売で用意されている。

問題は、これが日本ではどのように法定義されるのかということである。E-KONの場合は原動機付自転車の扱いになる。従って、E-KONを入手したらナンバープレートの取得と自賠責保険への加入が必須となる。

・10万円以下で入手可能!

E-KONにはウインカーやライト等の保守部品も装備される。無論、これがなければ公道走行は望めない。

この製品は現在、Makuakeで8万4980円の出資枠を設けている。なお、軽量版のstandardは6万4980円。配送は来年1月を予定している。

Makuake
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報