海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech AI調理ロボットのTechMagic、VCのJAFCOから資金調達を実施

Tech

AI調理ロボットのTechMagic、VCのJAFCOから資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ロボットによる持続可能な食インフラを創る」をミッションに、前Google日本法人名誉会長 村上憲郎氏をアドバイザーに迎え、2018年2月に設立したTechMagic株式会社は、独立系VC、株式会社ジャフコより資金調達を実施した。

飲食業界の革新と社会問題の解決

同社は、調理ロボットと業務自動化AIロボットの企画・設計・製造・販売を行い、飲食業界の深刻な課題である人材不足および人件費削減に対しソリューションを提供している。

このたび、シードラウンドにて、日本を代表するVC 株式会社ジャフコから資金調達を完了。今回の資金をもとに、開発環境を充実させ、コア技術の開発に注力し、調理ロボットと業務自動化ソリューションによる外食産業の革新と社会課題の解決を目指すとのことだ。

人手不足解消と人件費抑制へのソリューション

同社の調理ロボットは、一連の調理工程の完全自動化を実現。従来のロボットアームと調理器の組み合わせによる調理ロボットでは、調理の手間や作業者の「軽減」にとどまってしまう。そこで同社は特別設計のロボットアームとカスタマイズした調理器モジュールを構成し、完全自動化に成功。これにより、業務軽減ではなく、スタッフ1人単位の省人化が可能となる。

多数のセンサ、アクチュエータを同期させているため、品質と速度は安定している。Webベースのインターフェースにより、店舗オペレーションの簡略化、顧客のスマートフォンなどからの注文受付も可能だ。調理ロボットはすでに20,000店舗以上の大手飲食チェーン店より引き合いがあり、順次導入予定。

また、業務自動化AIロボットは、大規模調理現場およびセントラルキッチン(病院、ホテル、エアケータリングなど)での洗浄・盛付工程などの単純作業を自動化し、洗浄現場の高温多湿の厳しい環境での作業するスタッフの負担軽減、そして人件費抑制を可能にする。マーカや深層学習を用いた画像認識技術とロボットアームの動作制御技術をかけ合わせ、洗浄後の食器の片付けもできるようだ。2020年度内の導入が決定しており、実証実験を通して製品化を目指している。

同社の提供するソリューションの特徴は、業務軽減にとどまらず、スタッフ一人単位での省人化を可能としたこと。また、導入先との親和性の高い、コンパクト且つ高効率なロボットとなっている点。企画、設計、製造、販売を行うため、幅広い調理方法・プロセスに対応しているということだろう。

同社のロボットの活躍による、人手不足解消と人件費削減に期待したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報