海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 指先顕微鏡「iMicro C」はスマホをミクロの世界撮影マシーンにする!

Mobile

指先顕微鏡「iMicro C」はスマホをミクロの世界撮影マシーンにする!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホカメラの表現力を追及する方は、すでにマクロレンズをお持ちだろう。接写に飽き足らずミクロの世界を視野にいれるのであれば、Kickstarterに登場した「iMicro C」が使える。

この一見シンプルで小さなレンズは、スマホに装着することで市販の顕微鏡並みの性能を発揮する。前モデルの「iMicro Q」でその実力は証明済みだが、今回のiMicro Cでは操作性が改善されたかたちだ。

クレジットカードサイズの専用ケースは財布にも入り、お子さんと一緒にミクロの世界の探索に出かけるのもありだろう。

・最大5ミクロンの分解能

対物レンズや接眼レンズ、複雑な光学システムもなしにどうやってターゲットを拡大表示するのかというと、「iMicro Cおよびスマホの光学レンズ、ソフトウェア、スマホのデジタルズーム」の3段階をスマートに組み合わせているのだという。3つの倍率を合算して、なんと最大5ミクロンの分解能を実現する。

一般的な顕微鏡のようなピント調整システムの代わりに、フォーカスリングを利用してピントを調整。繊維や電子部品、生き物なんかの別の側面が観察できて貴重な画像が得られる。

手動でフォーカスを合わせる代わりに、スマホに備わったオートフォーカス機能をそのまま利用することも可能とのこと。

・被写界深度が深くピントを合わせやすい

装着するスマホは選ばないし、誰にでもミクロの世界が覗けるようになっている。極小のターゲットにピントを合わせるのは骨が折れる作業に思えるが、iMicro Cは視野が広め、かつ被写界深度も深めに設計されていて、ターゲットを捉えるのが容易だ。

魚眼を利用して広い範囲を写すアプローチではなく、専用に設計された非球面レンズを採用し、高い光学性能を実現する。

レンズの装着はヤモリの吸盤を模したつくりのナノ吸盤パットで、スマホに後が残らず付けたり外したりが自由だ。

Kickstarterにて支援受付中のiMicro Cは、29カナダドル(約2400円)+送料10カナダドル(約800円)からの支援で手に入れることができる。キャンペーンページでは指先顕微鏡で撮影された数々の画像も確認できる。気になった方はそちらもチェックいただきたい。

iMicro C/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報