海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech オプティマインド、トヨタらから総額約10億1,300万円の資金調達

Tech

オプティマインド、トヨタらから総額約10億1,300万円の資金調達

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ラストワンマイルの最適なルートを提案する「Loogia(ルージア)」を運営し、物流業界をサポートしてきた株式会社オプティマインドは、このたびトヨタ自動車株式会社らを引受先とし、総額約10億1,300万円の資金調達を実施した。

引受先との連携強化


同社は、2018年9月にルート最適化AIを活用し、配送ルートを短時間で計算するクラウドサービス「Loogia」をローンチして以来、ラストワンマイルの配送事業者が抱えるドライバー不足や労働環境の改善、配送業務の効率化を促進し、配送業務の持続可能性の実現に注力してきた。

このたび、トヨタ自動車株式会社をリードインベスターとして、株式会社MTG Ventures、KDDI Open Innovation Fund 3号、その他1社を引受先として、シリーズAラウンドにて第三者割当増資を実施し、総額約10億1,300万円の資金調達を完了。

今回の資金は、プロダクト開発体制の強化、人材の獲得・育成、マーケティング施策の拡充に充てられる。また、それぞれの引受先との取引強化を進めていくとのことだ。

まず、トヨタのモビリティサービス向け機能の提供を目指したオープンプラットフォーム「MSPF(モビリティサービス・プラットフォーム)」に、同社のルート最適化で培った知見を提供。両社が目指すモビリティ社会の実現へ向けた共同開発を行う。

また、株式会社MTG Venturesとは、経営や事業推進に関する知識や人的ネットワークを用いた支援により、同社の企業価値向上と経営体制の強化を図る。

そして、KDDI株式会社とは、KDDIグループのARISE analytics社の持つ「需要予測」技術と、同社の「ルート最適化」技術をかけ合わせ、配送ソリューションの共同開発を進める予定。同時に、Maas領域においても連携を深めていくようだ。

ラストワンマイル現場に新たな価値を


同社のクラウドサービス「Loogia」は、「どの車両が、どの訪問先を、どの順に回るか」という配送計画を現場の規制や様々な条件を考慮したうえで、数分で効率的なルートを提供。また、実走データの学習により、精度の高いルートを算出も可能だ。さらに、ベテランドライバーのノウハウを共有し、新人ドライバーでもベテランと同等に効率よく配達ができるよう支援する。

同社は、核となる技術であるルート最適化アルゴリズムの研究、投資、現場に触れることを通じて、ラストワンマイル現場に新たな価値をもたらし続ける企業を目指している。

同社のサービスは、ラストワンマイルを含む物流業界の抱える深刻な課題の解決の助けとなるかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報