海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 不整地を走行できるセルフバランススクーター「FutureGo」はABSで安全確保!

Start Up

不整地を走行できるセルフバランススクーター「FutureGo」はABSで安全確保!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
重心移動で進行方向などをコントロールできる乗り物といえば、多くの人の頭に真っ先に浮かぶのが一世を風靡したセグウェイではないだろうか。その元祖とも言える存在にデザイン的にはかなり近いスクーターがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

中国のスタートアップが開発した「FutureGo」。ハンドル付きの2輪スクーターなのは一緒だが、舗装道路だけでなく不整地も走行できるのが売りだ。

・傾斜45度の坂道も

ステップの両サイドにタイヤ2つ、そしてステップ中央からハンドルが伸びる構造やデザイン、そしてセルフバランスで走行するという機能はセグウェイとほぼ同じだ。

最大の違いは、FutureGoでは整地されていないような道でも走行できること。タイヤは太く丈夫で、あらゆる道に対応できるサスペンションシステムを搭載している。そして800Wのモーター2つで傾斜45度の坂道も走行できる。最大スピードは時速20キロだ。

・航続距離は40〜60キロ

FutureGoは電動式で、フル充電(要4時間)すれば40〜60キロ走行できるとのこと。

走行中の安全を確保するため、オートABSのブレーキシステムを採用しているほか、ステップ部分にあるLEDライトを光らせて足元を確認したり、周囲に存在を知らせたりすることもできる。

また、Bluetoothでスマホと連携し、専用アプリではスピードや走行距離を確認できるほか、LEDライトの色も設定できる。

FutureGoのKickstarterでの出資額は現在、3000ドル(約33万円)〜となっている。日本の公道ではおそらく使用不可と思われるが、レジャー施設などにあれば試してみたいという人は少なくなさそうだ。

FutureGo/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報