海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 空飛ぶタクシー用のステーション「VoloPort」プロトタイプをVolocopterがお披露目

Start Up

空飛ぶタクシー用のステーション「VoloPort」プロトタイプをVolocopterがお披露目

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
空飛ぶタクシーのサービス展開を目指しているドイツの航空スタートアップVolocopterは、シンガポールでステーションのプロトタイプをお披露目した。

実際にサービスが商業展開されるときに使われるフルスケールのステーションで、この手のものとしては世界初という。

・モジュール式

ステーションの名称は「VoloPort」。モジュール式となっていて、ルーフトップや駅、駐車場などあらゆるところに設置できるとのこと。客が乗り降りするための場所ということで、ステーションは空飛ぶタクシーが垂直に離発着するパッドの近くにくる。

滑走路を必要とする飛行機に比べると空飛ぶタクシーはさほど場所をとらず、同社は街中などにもステーションを設置できる、としている。

・年内に試験飛行

一方の機体の方はというと、最新バージョンは18ローター搭載の2人乗り。フル充電で35キロ飛行でき、最高速度は時速100キロだ。目立って速く飛べるわけではないが、交通渋滞を回避できるのがメリットだ。

同社はすでにテストフライトを繰り返し、拠点を置くドイツでは空港とインフラ整備にも着手。先日はフィンランド・ヘルシンキ国際空港で空港管制下でのテストフライトも行うなど、商業展開に向けて着実に歩みを進めている。

順調にいけば、年末までにシンガポールで試験飛行を開始できる見込みという。

Volocopter

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報