海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up CtoCサービス「ネイリー」、総額1.5億円の資金調達を実施

Start Up

CtoCサービス「ネイリー」、総額1.5億円の資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
C2C PTE. LTD.と共同で、ネイリストに直接予約できるCtoCサービス「ネイリー」を開発・運営している株式会社ネイリーは、このたび株式会社サイバーエージェントらを引受先とし、第三者割当増資による資金調達を実施した。

C2Cプラットフォームサービスで、2社目となる資金調達

「ネイリー」は、ユーザーがネイリストの投稿した作品画像から施術を依頼したいネイリストを選び、直接予約できるSNS型予約アプリであり、決済までを完結できるCtoCマッチングサービスだ。本サービスに必要なアプリケーションの開発とマッチングシステム(C2Cプラットフォーム)の提供をC2C PTE. LTD.が担っている。

このたび、株式会社ネイリーは、株式会社サイバーエージェントらを引受先とした第三者割当増資により、総額1.5億円の資金調達を実施。C2Cプラットフォームを活用したサービスでは「EKUIPP」を展開するAnyble株式会社に続き2社目の資金調達(C2C PTE. LTD.を含めると3社目)となった。

今回の資金で、同サービスの認知向上に向けたマーケティングや、人材採用などを強化し、ネイリスト一人ひとりが個性を発揮できる世界を目指すとしている。

C2C経済圏の確立を目指す

現在、働き方改革やビジネスモデルの転換を意識する社会の中で、C2Cプラットフォームを活用したサービスは幅広い領域で注目を集めており、今後もC2Cプラットフォームを活用した他のサービスでも資金調達を含め、動きが加速する見込みだ。

C2C PTE. LTD.は、各業界を牽引する事業会社と協働し、システム開発に留まらず、PRや資金調達のノウハウなども積極的に提供し、自社の数々のCtoCサービスと各種事業会社の専門性や知見、ネットワークなど、双方の優位性を活かしながら社会課題の解決に寄与できるサービスを生み出していく。

今後、C2C PTE. LTD. はマッチングプラットフォームの開発体制強化、AIを活用したマッチングアルゴリズムの開発・スピードアップ、各サービス間の顧客送客やポイント連携など「C2C経済圏の確立」を目指すとのこと。

C2C経済圏が確立し、一般消費者同士の取引が浸透すれば、労働スタイルにも消費スタイルにも変化が訪れるかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報