海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 米ウィスコンシン州のタクシー会社Green Cabが全車両をTesla車に

Enterprise

米ウィスコンシン州のタクシー会社Green Cabが全車両をTesla車に

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米ウィスコンシン州マディソンでタクシーを展開しているGreen Cab Madisonは、展開する車両40台全てをTeslaの電気自動車(EV) Model 3にする。

これにより、車両1台あたり毎年8.5トンの二酸化炭素排出を減らせるという。

・10月末までに完全交替

Green Cab MadisonはこれまでトヨタのPriusを使っていたが、Zerologyとの提携のもと、10月末までにこれを全てTeslaのModel 3に交替させる。

EV導入の最大のメリットはもちろん地球に優しいこと。二酸化炭素を排出せず、サービス名の通りまさに“グリーンキャプ”となる。

・メンテ費用なし

Model 3はModel Sなどと比べると価格抑えめではあるが、それでも一挙に40台導入するのはそれなりの投資だ。ただ、環境に負荷をかけないという社会的意義に加え、電気自動車なのでガソリン代がかからなくなること、メンテ費用を抑えられるという利点もある。

つまり長期的にみれば、必ずしもコストが見合わないということはなく、実際、オランダやスウェーデン、ノルウェーのタクシー会社ではModel 3が人気になりつつあるという。今回、こうした動きがTeslaの本拠地、米国にも広がった格好だ。

Green Cab Madisonはアプリやオンライン、電話で乗車をリクエストできるサービスを展開し、他のタクシーサービスと料金面などで差はないとのこと。環境問題が深刻さを増すなか、意識の高い消費者にアピールできそうだ。

Green Cab Madison

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報