海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise ゴーストレストランの「KitchenBASE」、賃貸サービス「OYO LIFE」と提携

Enterprise

ゴーストレストランの「KitchenBASE」、賃貸サービス「OYO LIFE」と提携

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
レストランといえば、店舗を構え、客は来店して食事するイメージがあるが、昨今では店舗を持たずに飲食業を営む「ゴーストレストラン」という業務形態も出現している。

中目黒にある日本初のゴーストレストランのシェア型クラウドキッチン「KitchenBASE(キッチンベース)」は、スマホひとつで入居手続きが完了する賃貸住宅型サービス「OYO LIFE(オヨ ライフ)」とこのたび提携をした。

2019年10月16日より、「OYO LIFE」の入居者は、暮らしにまつわるシェアリングやサブスクリプションサービスを利用できる「OYO PASSPORT」を利用することで、「KitchenBASE」店舗の料理を3回まで500円オフで注文できるという。

・ゴーストレストランのシェアキッチン「KitchenBASE」

「KitchenBASE」とは、複数のゴーストレストランが入居するシェアキッチン。このゴーストレストランとはデリバリー専門の店舗のことで、現在計6つの飲食ブランドが入居している。

入居店舗には、食べログ名百店に選出されているハンバーガー店をはじめ、100件近くの応募の中から選ばれた飲食店が揃っており、テイクアウトにも対応している。

一方、賃貸住宅型サービス「OYO LIFE」とは、スマートフォンひとつで物件探しから、契約や支払いのインフラ整備まで一気通貫のサービス。すべての部屋が、家具家電付きで、公共料金・Wi-Fiなどの通信費など基本的なアメニティが含まれている。

複雑な手続き、2年契約の縛りや敷金礼金などを排除し、利用者が自分のライフスタイルに合ったエリアで旅するように暮らす」、新しい形の賃貸住宅サービスだ。

ちなみに「OYO PASSPORT」は、「OYO LIFE」の入居者が「OYO LIFE」提携先のシェアリングエコノミー関連サービスやサブスクリプションサービスを『特別特典』つきで利用可能になるサービスのこと。

・「OYO PASSPORT」に「KitchenBASE」が掲載

今回の両社の提携により、「OYO PASSPORT」に「KitchenBASE」が掲載されることとなり、「OYO LIFE」の入居者は「KitchenBASE」店舗からの注文を3回まで500円オフで利用できる。

「OYO」入居者にUberEATS経由でのデリバリーサービスを体験してもらうことで、「OYO」としては入居者により快適な暮らしの提案ができ、「KitchenBASE」としては、店の認知度を高めることを目的としている。

ひとつの拠点に暮らすという、既存の暮らし方も変わりつつある。今後の更なるサービス充実や拡大に注目したい。

KitchenBASE
株式会社SENTOEN
OYO LIFE
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報