海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 音楽の臨場感がさらに増すソニーの「360 Reality Audio」、今秋欧州で提供開始

Tech

音楽の臨場感がさらに増すソニーの「360 Reality Audio」、今秋欧州で提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
音楽をよりリアルに楽しめる方法を追求しているソニーは、新たな音楽体験ができるとうたうオーディオ方式「360 Reality Audio」による楽曲の提供を今秋、まずは欧州で開始する。

Tidalやdeezerなどのストリーミングサービスで利用できる。

・ライブ空間を“体験”

方式名に360とあるが、これはあらゆる方角から音が聞こえてくるような音楽体験となることを指している。

たとえばライブのステージでは、ボーカルやその他の楽器などの位置や距離は微妙に異なる。こうした位置情報を取り込んでの音楽データを提供するのが360 Reality Audioだ。

つまり、リスナーは360 Reality Audio方式の音楽をヘッドフォンやスピーカーで聴くときに、その音楽が演奏された場所にあたかも自分がいるような体験を得ることができるのだという。

・まずは1000曲で

この方式による音楽はまずはTidalやdeezer、nugs.netといったストリーミングサービスのアプリ(iOS、Android)で提供される。楽曲数は1000曲程度で、この数字は追って増える見込みだ。

また、このサービスはどのメーカーのヘッドフォンでも利用できるが、ソニーのI headphones Connectアプリを使えば、耳の写真を撮ってその形状に最適な音にするなど、よりパーソナライズされた音を楽しめるという。

日本ではAmazon Music HDが360 Reality Audio方式の音楽配信を予定している。

Sony
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報