海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ドリームインキュベータ、1号ファンド「DIMENSION」組成

Start Up

ドリームインキュベータ、1号ファンド「DIMENSION」組成

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスプロデューシングカンパニーの株式会社ドリームインキュベータが、国内スタートアップへの投資を目的とした最大50億円規模の1号ファンド「DIMENSION」を組成。また、同ファンドを運営する専門子会社も設立した。

最大規模50億円

2000年に創業した同社は、「日本経済を元気にする」という理念のもと、戦略コンサルティングとベンチャー投資育成事業を展開し、その中で培った豊富な知識と大企業とのネットワークを活かし、これまで28社のIPOを実現。勝率46%という実績がある。

このたび、さらなるベンチャー投資育成事業拡大のため、初のファンド出資となる秋元康氏、株式会社みずほ銀行、あかつき証券らから出資を受け、1号ファンド「DIMENSION」を組成するに至った。同時に、同ファンドを運営する専門子会社「DIMENSION株式会社」を設立し、50億円規模のファンド組成を目指す。

人と向き合い、集中的に支援する

同ファンドの投資対象は主にシード・アーリー及びIPO前のグロースステージの企業。投資領域は、インターネットサービスの他、デジタルトランスフォーメーションやディープテックを含めた幅広い領域だ。

また、起業家=人に重点を置き、起業家や経営チームの経営に向かう姿勢を見極め、経営推進を支援していくとしている。そして同ファンドもまた、起業家に真摯に向き合うために、出資・支援先を一定数に絞り、多段階出資を含め密に支援リソースを投下する厳選集中投資を行う予定だ。

同ファンドは、戦略コンサルタントや弁護士資格の保有者、ベンチャーの経営推進に携わった者、技術者や事業立ち上げ経験者など多種多様なバックグラウンドを持つメンバーで構成されており、それぞれの経験を活かし、「360°ファンド」と称した多面的な投資支援を実現していく。

同社は、人口減少と少子高齢化により日本経済の衰退が予測される中で、起業家の成功にしっかりと伴走する機能を提供することが重要だと考え、多様化する出資形態や金額規模に対応するため、同ファンドを立ち上げた。しかし、一言で「伴走」と言えども、四六時中一緒に業務を行えるわけではない。そこで、スタートアップのCxO(組織での業務や機能の責任者)人材を中心とした人材紹介サービス「CAREEPOOL(キャリプール)」を開始する。

同ファンドの支援により、有望な企業が成長できることを期待する。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報