海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 前を行くオーナーの後を付いてくる! 荷物運搬ロボット「Gita」来月発売

Tech

前を行くオーナーの後を付いてくる! 荷物運搬ロボット「Gita」来月発売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
独特の丸みを帯びたデザインで人気のスクーター「Vespa」の開発元から、新たなプロダクトが発売される。ユーザーの後を付いて走行する荷物運搬ロボット「Gita」だ。

Vespa同様に曲線がキュートな印象を与えるロボットで、最大18キロまでの荷物を運搬できる。

・傾斜16%までの坂道に対応

イノベーションラボPiaggio Fast Forwardが開発を手がけ、消費者向けプロダクトはGitaが初めてとなる。

Gitaはビジュアルセンサーを搭載し、このセンサーでとらえた人物の後を付いていく仕組みになっている。個人識別はしないので、“ご主人様”が必ず前を行く必要があるが、それさえすればGitaは従順に付いてくる。

ただし、Gitaが走行できるのは舗装された道のみ。傾斜16%まで対応するものの、最高スピードは時速10キロと歩行速度程度となっている。

・スマホの充電も

Gitaはクーラーボックスのようなデザインで、両サイドにある大きな車輪で走行する。そして中央の蓋を開けると荷物収納スペースがある。

最大18キロまでの荷物を積み込むことができ、重い食料品や日用品などを運搬するのにうってつけそうだ。

Gitaは内蔵バッテリーで走行し、フル充電で4時間駆動する。ちなみに、ボックスの中には充電ポートが用意されていて、ここにケーブルをつないでスマホなどのデバイスを充電することもできる。

車を所有しない人などが持っていると便利そうではあるが、おそらくネックになるのが価格で、3250ドル(約35万円)を予定している。発売日は11月18日。

Gita
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報