海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 空港リムジンバスなど3ソリューションを連携したMaaS実証実験、一般公募開始

Tech

空港リムジンバスなど3ソリューションを連携したMaaS実証実験、一般公募開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京空港交通株式会社をはじめとする7社は、成田空港・羽田空港と丸の内エリア間において、空港リムジンバスと、自動運転タクシー、自動運転モビリティを連携させたMaaS実証実験の参加者一般公募を開始した。

世界初の実証実験開始

本実験は、成田・羽田と東京シティエアターミナルを結ぶ空港リムジンバス、自動運転タクシー、1人乗りの自動運転モビリティ「ZMP Robocar Walk」を連携させ、両空港と丸の内エリアのスムーズな移動を目指すものである。

自動運転タクシーの走行区間は、東京シティエアターミナルと三菱地所丸の内パークビル間の約3kmを予定。自動運転タクシーの発着に合わせ、三菱地所丸の内パークビルと丸の内仲通りにおいて、自動運転モビリティの実験も行われる。

3つのソリューションを連携させた世界初の実証実験に際し、参加者の一般公募が始まった。

実証実験概要

実証実験は、2019年11月18日から12月1日にかけて実施されるが、自動運転モビリティも加えた3ソリューション連携での実証実験は、11月18日から22日までの間に限られる。参加申し込みは10月9日から15日までとなっており、抽選で参加者が決定する模様。利用者は、スマートフォンなどで事前に予約し、利用当日は専用アプリを用いてバスや自動運転タクシーに乗車するという流れだ。

利用料金は、成田空港発着が1人3800円、羽田空港発着が1人1600円、自動運転タクシーのみの利用は1200円であり、自動運転タクシーの利用者は無料で自動運転モビリティを予約可能とのこと。

今実験に当たり、自動運転タクシーの開発と自動運転モビリティの開発・運行を株式会社ZMP、自動運転タクシーの運行を日本交通株式会社と日の丸交通株式会社、リムジンバスの運行を東京空港交通株式会社、施設の提供を三菱地所株式会社と東京シティ・エアターミナル株式会社、MaaSに適応した旅行サービスの検討・販売を株式会社JTBがそれぞれ担当する。

多くの企業の協力によって実施される本実験が、どのような結果を残し、未来のモビリティにどのように影響するのか注目したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報