海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ダイハツが暮らしに寄り添うクルマのコンセプト4種を発表、完全自動運転車も

Tech

ダイハツが暮らしに寄り添うクルマのコンセプト4種を発表、完全自動運転車も

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイハツ工業は8日、10月24日から始まる第46回東京モーターショーに出展する4台のコンセプトカーを発表した。

自動運転レベル5の小型輸送車や多用途に対応する次世代軽トラックなどで、いずれもコンパクトながら車内空間を最大限確保し、人の暮らしを支えたり楽しくしたりするような工夫が詰まっている。

・地域の足に

まず、最先端の技術を搭載するのが「IcoIco(イコイコ)」。ポッド状のコンパクトカーで、完全自動運転で走行するので運転席もない。自宅や目的地、駅などを結ぶファースト・ラストマイルの移動に活用することを想定している。また、車椅子利用者やスーツケースを持った旅行者など、あらゆる人が利用できるよう、格納式のスロープを備える。

モノの運搬にフォーカスしているのが、次世代軽トラックの「Tsumu Tsumu(ツムツム)」だ。キャビンが広く、新たなドア開口により乗降性に優れている。また荷台のスペースも広く、トラックとしてだけでなく、農業用ドローン基地など新しい使い方も提案する。

・万能スモールカー

一般消費者用なのがハイブリッドの小型ミニバン「WaiWai(ワイワイ)」と、軽クロスオーバー「WakuWaku(ワクワク)」。

WaiWaiは3列6人乗りで、ドアを大きく開口でき、またサンルーフ仕様になっていてコンパクトながら開放感があるつくりとなっている。ファミリーのお出かけに良さそうだ。

WakuWakuはレジャー向けのSUV。後部に荷物をたっぷりと詰め込めるスペース、さらにはルーフラゲージも備えている。キャンプやスキーと行った荷物が多いアウトドアアクティビティに活躍すること間違いなしだろう。

ダイハツらしいスモールカーのこれらコンセプトは東京モーターショー(11月4日まで開催)で公開される。

ダイハツ工業 プレスリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報