海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ファッションテックのニューロープ、第三者割当増資により1億円を調達

Start Up

ファッションテックのニューロープ、第三者割当増資により1億円を調達

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファッションに特化した人工知能を企業向けにSaaS提供するスタートアップ株式会社ニューロープは、大和企業投資、ディノス・セシール、中京テレビ、Reality Acceleratorを引受先とする第三者割当増資による1億円の調達を完了した。

また、今後ディノス・セシール社とは協業し、需要予測やトレンド分析などの領域で仮説検証をスピーディに進め、業界の課題解決に取り組むとしている。

ファッションテックのスタートアップ、株式会社ニューロープ

今、アパレル業界で問題となっているのが、在庫が経営を圧迫する「デッドストック問題」。これに対して、「売れる商品だけ作る」という取り組みも一部進んでいるが、これではファッション業界から多様性と魅力を奪い、つまらないものにしてしまう。

そういった問題に対して株式会社ニューロープは、AIを活用することで、売れる商品はしっかりと売りながら、売れにくい商品も適正量を作って必要とする人に届け、ブランドが次のクリエイションを育むための原資を生み出せるものと考えている。

今回調達した1億円はそのための先行投資とし、ディノス・セシール社との協業を通して検証を進めるとしている。

投資家からのコメント

今回新たに株主として参画する投資家からは期待のコメントが寄せられている。

大和企業投資の仙石翔氏は、時間経過による購買心理の変化をいかに把握できるかが重要とし、「ニューロープは今後のアパレル業界を支えるスタートアップであると確信し、今回も出資させていただくことになりました」とコメント。

さらに株式会社ディノス・セシールCECOの石川森生氏は、「顧客価値を中心に据えた本当の意味でのデジタライズを進める上では、ニューロープのような先端スタートアップとの協業は当社にとって大きな刺激」と述べており、ニューロープの技術とスピードと、ディノス・セシールの購買データやビジネスインフラを密結合させ、両社の目的に最短で到達することを期待している。

もともとはファッションドメインの知識に明るくないチームから始まったニューロープだが、今後のファッションテック領域においてはAIを活用する同社がリードする存在になっていくかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報