海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up Instagram、新たに単独メッセージアプリ「Threads」を発表

Start Up

Instagram、新たに単独メッセージアプリ「Threads」を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagramは2019年10月4日、親しい友達とのメッセージのやりとりに特化した新しい単独メッセージアプリ「Threads(スレッズ)」をローンチした。

より密に、より速く

Instagramはこれまでも、ストーリーズやダイレクト機能など、様々なツールや機能を導入してきた。そんな中、ユーザーは、特に親しい友人とはより密接にコミュニケーションを取り、多くの瞬間を共有したいと感じているという事実を受け、親しい友達とより簡単に、瞬時にやりとりができ、プライバシーにも配慮された本アプリを開発。

本アプリは、2018年11月に追加された機能「親しい友達リスト」のアカウントとメッセージのやりとりができ、ダイレクトメッセージが届くと専用の受信箱に届く仕様だ。「親しい友達リスト」を作成していない場合でも、「Threads」をダウンロードしてからアカウントを選択し、直接リストを作ることが可能。

アプリを開くと最初の画面にカメラが表示され、頻繁にやりとりする友人をショートカットとして追加しておけば、写真や動画を撮影して送信するまで、たった2回タップという速さは、Instagram上で写真や動画をシェアする方法の中で最速だ。

24時間、シェアし続ける機能

また、スマホを触れない間でも友人に自分が何をしているか知らせたいという声に応え、「ステータス」機能を追加した。「勉強中」のようにあらかじめ用意されたステータスを選択するだけでなく、「考え中」のように自分でオリジナルのステータスを作成することも可能。また、「自動ステータス」をONにすれば、位置情報に合わせて「移動中」のように、自動で更新される。プライバシー保護の観点から、自動ステータスを見られるのは親しい友達のみであり、表示をOFFにもできる。

なお、Threadsに表示されたメッセージは、Instagramのダイレクト機能にも表示され、どちらのアプリでも会話を続けられる。

本アプリにより、いつでもどこでも何をしていても、それぞれの瞬間をシェアでき、より強い繋がりを感じられるかもしれない。

Facebook
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報